このところは毎日こまめにニュースを見ていますが、いよいよ今週あたり政府から緊急事態宣言が出そうな気配ですね。

 

その時に絶対にやってはいけないことがあります。それは、スーパーに行くこと。

スーパーはパニックになった人々で大混雑することが予想されます。そこで感染するリスクが高くなってしまうのですよね。

緊急事態宣言が出たら、3日間くらいはスーパーに近づかないほうがいいそうです。

 

北海道で緊急事態宣言が出された直後の週末に、月末の支払いの関係でスーパーの2階にあるATMに行ったのですが、スーパーの店内はとても混雑していました。

週末は外出を控えてくださいと言われているのに、これでは逆効果ですよね。(私も外出したので人のことは言えませんが。。)

政府もそのあたりを配慮して宣言を出してほしいものです。

 

札幌市中央区のサロン周辺では3週間の緊急事態宣言解除後も人通りが少なく、近くのスーパーも人が少ない状況が続いています。

人々は道を歩く時も一定の距離を空けていますし、普段から緊迫感をもって行動しているのがわかります。

でも、政府から出される緊急事態宣言は、地方自治体が出すものとは違う意味合いを持つと思いますし、念のためスーパーには近づかないほうが安全かと思います。

とくに、東京や大阪、名古屋、福岡などの大都市にお住いの方は注意が必要なのではないでしょうか。

 

食料が手に入らないかもしれない、という不安は人をパニックにさせます。命にかかわることなので、冷静ではいられなくなるんですよね。

でも、そのパニックになった行動が逆に感染リスクを高めてしまうんです。

そのうち、スーパーのほうでも入場制限をすると思いますし、食料が普段通り手に入るとわかったらパニックも収まると思うので、混雑のなか買い物をするのは控えましょう。

 

まずは自分が感染しないこと、人に感染させないことがとても大事だと思います。(^^)

新型コロナウイルスは長期戦だと言われていますので、感染予防対策をしっかりして体調を整えましょう。

 

カウンセリング&セラピー クレッセント

心理カウンセラー 高田奈津子

1+