札幌では昨日、とうとう初雪が降りました!

今日も雪。最低気温が0度、最高気温4~5度くらいなので、降り積もらずにすぐ溶けてしまいます。

冬場は日が短いうえに天気も崩れやすく、日照時間が少なくなる季節です。

日光は私たちの気分や睡眠の質にも影響を及ぼすため、冬場はなるべく多く日光を浴びるようにしたいものです。

太陽の光を浴びるのはとても大事なことですが、落ち込みがちな気分を上げてくれる方法は他にもたくさんあります。聴いていると気持ちが明るくなったり、楽しい気分になれる曲を聴くのも一つの方法です。

今日は私の気分を明るくしてくれる音楽をシェアしますね。アラフィフなので、昔懐かしい曲ばかりですが。。(笑)

There Must Be An Angel (Playing With My Heart) / Eurythmics

イギリスの男女デュオ、ユーリズミックス(Eurythmics)の曲です。1985年リリースなので、もう30年以上前の曲ですね。ハーモニカはスティービー・ワンダーです!

この曲を聴くと本当に天使がそばにいるような、とても幸せな気分になります!朝いちばんに聴くと、1日を楽しい気分で過ごせそうですね♪

ボーカルのアニー・レノックスはベリーショートの髪が定番なので、このブロンドのロングヘアはウィッグだと思いますが。。見慣れてくるとカワイイかも。(^^)

When Tomorrow Comes  / Eurythmics

When Tomorrow Comesも大好きな曲です。明るくて楽しい気分になりますね!アニーの深いハスキーな歌声は、優しさがにじみ出ていてとても好きです。

当時はアニーのことをマニッシュな女性だなあとしか思っていなかったけれど、今見るとものすごく美しくてカッコイイですね!なんだか近未来的な感じがします。

そのほかにもSweet DreamsやMissionary Man、Thorn In My Sideなど、ユーリズミックスのヒット曲はたくさんあります。30年以上前の曲でも全然色あせないのがすごいですね。

アニーは現在、HIVエイズ活動家としても活躍しているようです。ほんとうに素敵な人!

興味のある方はぜひ観てみてください。右下の字幕ボタンを押すと日本語の字幕付きで観れます。

Karma Chameleon / Culture Club

カルチャークラブの「カーマは気まぐれ」も気分を上げてくれる一曲です。こちらもイギリスのバンド。1983年リリースですって。懐かしすぎる。。

ボーカルのボーイジョージは当時、奇抜なビジュアルと甘い歌声で大人気でした。その後ドラッグなどで逮捕されたり、人生いろいろあったようですが、今も音楽活動されているようですね。頑張ってほしい!

今日は私のお気に入りの曲をシェアしましたが、気分が明るくなる曲は人それぞれ違うと思います。

あなたの気分を明るくしてくれるのはどんな曲ですか?

心理カウンセラー 高田奈津子